横浜中華街に行ってきました

横浜中華街に行ってきました

小さい頃から中華街が大好きでした。飛行機に乗らなくても身近に『異国』が体験できる場所でしたし、
赤や黄色の原色にあふれた中華街は、ただぶらぶらと歩くだけでも楽しいのです。

 

最近では東急のみなとみらい線が接続され、駅からすぐ中華街に行けるようになりました。
また、中華街自体も整備されて、中華料理屋以外にも様々なお店ができ、より遊べる街になってきました。おみやげも、
一昔前なら肉まんやチープでちょっとかわいくない中国雑貨がほとんどでしたが、最近の雑貨はクオリティが高く、ユニークなものがそろっています。

 

特に、パンダ関係のグッズがかわいくて、パンダの紙ふうせんや、パンダをかたどったサブレなど、
いろいろあって迷ってしまいます。定番のおみやげの肉まんも、フカヒレ入りなど、様々な種類の肉まんが売られています。

 

肉まんや甘栗は、中華街の店頭で売られているので、途中で買って、歩きながら食べたり、
中華街の中にある中華風の公園でいただくこともできます。
中には、中華料理で使うせいろなどの調理器具を売っている店もあり、本格的な中華料理を家でもつくることができます。