中華料理について

中華料理について

中華料理について考えてみたいと思います。最近では、特級点心師が作った点心から、麺料理の数々、手の込んだ中国地方料理まで、幅広いバリエーションから選択できるようになりました。
一番多いのは、広東料理か四川料理といったところですが、家庭でも中華料理は作られるようになっていて、ポピュラーなおかずが中華料理をルーツに持つものもたくさんあります。

 

あと、中華料理で、一番の楽しみは大勢で、円卓を囲めるところではないでしょうか。ダイナミックな料理の数々に思わず、会話も、箸も進みます。
締めの杏仁豆腐やゴマ団子、最近ではマンゴープリンなどもすっかり市民権を得てきてとても人気です。
どんな食材も、多彩に取り入れ、おいしく仕立てる、それが中華料理の醍醐味だと考えます。

 

私たちが知っている中華料理は、もしかしたら、そのほんの一部かもしれません。
そのぐらい、バリエーションがあり、多彩な料理が存在します。日本では、手に入らない素材もあるでしょう。
そういったものを求めて、そう、中華料理をより探求するということを目的に旅に出てみるのもいいかもしれません。